ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
体験レッスン
元気な小2の男の子が来てくれました。
聞けば、自分でピアノをやりたいのではなく、
お母さんに勧められたとのこと。

遊ぶ時間減るし、あんまりやりたくないんだよね~

正直でよろしい(笑)

ここでまた私は

♪かんがえる~~カンガルー

やりたい子を育てるのは当たり前。
じゃあ、やりたくない子は育てなくてよいのか?

義務教育じゃないんだし、そこまでのレッスン料もいただいてない(はず)。

ここでまた長い指導者経験から・・・・
小3で同じく「お母さんがやってほしいっていうから」と通い始めた男の子。
習っていることをお友達に隠すくらい、自分がピアノを弾くことが恥ずかしいと思っていた空手男子。
当然あまり練習することもなくなんとなーく続けていた中3の秋に突然
「先生!先生が弾けない曲を習うことはできるのでしょうか?」

それはきみと私の努力次第です。オリンピック選手のコーチが全員オリンピックに出られたわけじゃないからね。

彼が発表会で弾いたのはリストのラ・カンパネラ。2年間練習しました。

それはそれはすごい努力で、私も泣きましたよ。

子どもっていつスイッチがはいるかわからない。
今やる気がないから、ずっとやる気がないとは言えません。
「弾きたい!」と思った時にすぐに弾けないのがピアノ。
カンパネラくんも、それまで辞めずにほぼ休まず通ったからこその夢の実現。

さて、入会するか否か、検討をお持ち帰りした小2男子くん。
どうするのかな~?


*****

ホームページのプロフィール欄が更新されていませんでした。
失礼しました。
家族がひとつずつ歳を重ね、子ども達の環境がかわったのと、
私の資格がふたつ増えました。
2017年1月取得(3月北海道登録)保育士
2017年7月認定 レクリエーション介護士2級



スポンサーサイト
スクーリング1つめ終了
昨日、今日と短大通信部のスクーリングでした。
9時から17時半までを2日間、体力勝負です。

今年度の担当は4講義。

そのひとつめがオペレッタでした。

10人で演技、音楽、大道具作り等全て行います。

本番終えて みんないい笑顔。
201707オペレッタ

頑張りました〜‼︎

ドレミ!
ドレミファソ〜はすぐに歌えても
ドシラソファ〜がむずかしい。

救世主(救世曲?)が 田村智子先生著のプチわかーるAに収録の
ドレミ! です。

201706musickey5

体を使って音の上行・下行も自然に身についちゃいます。

先生に見ていただこうと動画を撮ったのですが、
公開するためにプライバシー保護でお面をつけたら…

鼻がつまめない‼︎

ママと私の笑い声が若干入っちゃってますが、アップします。

ドレミ!
クリック(タッチ)してね♪


脳のためにピアノを習う⁉︎
数年前から、(多分)テレビ番組で脳科学者が発言した
「習い事はピアノだけでいい」がきっかけで、
ピアノを習うとどんな良いことがあるかを語るピアノ講師が増えたと思います。

確かに良いこと盛りだくさん。

でも、ここで私の中の天邪鬼ちゃんがささやきます。

音楽が好きで、表現のひとつとしてピアノを習いたい。
ピアノを弾けることで自分を表現したい。
そのために努力していたら、おまけで頭が良くなった。

…………ではいけませんか?

頑張っている「おまけ」とか、「ご褒美」くらいで良いんじゃないかと。

この頃SNSで繋がっている先生が増えたので、
多くのピアノ講師のブログをハシゴしていて色々考えちゃうんですよ。


けれど同時にひとつ思い出したことが。

今はもう立派な大学院生の元生徒Rくんがピアノを始めたきっかけが

体が弱く入退院も繰り返し、運動機能の発達が遅れているのではと心配したママが、
ピアノなら座ったまま両手両足バラバラに動かせるから〜って。


やっぱり、習う理由は「音楽が好きだから」じゃなくても良いのかな。
Rくん、ピアノが大好きになって巣立って行ったから。
(体も小学校高学年からメキメキ丈夫になりました😊)




大人だって譜読みは辛い
ショパンって、美しいけど譜読みが大変ですよね。

私に弾けるでしょうか〜? と
心配していた大人の生徒さん。

技術的には全く問題ないのです。とっつきにくいだけですよ〜。
ほら、こことここは同じだし… なんて説明をさせていただいたら、
次のレッスンで

201707ノクターン

見事な色分け。

わかりやすいし、励みになると思うんです。
ここを頑張ればこっちも弾ける、とか。

大人の趣味のピアノは、楽譜に何を書き込んでもいいと私は思っています。

弾けるが勝ち😊 です。

…………そしてこの色分けの場合、知らず知らずアナリーゼしちゃってますね。