ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
念願のおうきゅうドレス
ピアノランド3、おうきゅうのワルツがなかなかうまくいかなかっためいちゃん。

馬の鼻先ににんじん・・・ではないけれど、
完成したらドレス着て弾こうね、と約束して。

王宮のドレス

夏休みをはさんで、ようやくノーミスで弾けました。
半進行の指もよくまわるようになって。

ルンルン気分で弾いてます。
もう、暗譜してますね。
ボレロの袖から見えるTシャツがなんとも(笑)
スポンサーサイト
チャランゴ・ピアノ・フルート・ヴォーカル
コンサートのお知らせです。
チャランゴコンサート

10/4 時計台ホール(札幌市)
10/5 アルテピアッツァ美唄
10/6 アートスペース外輪船(江別市)

4年前に初めて聴いたチャランゴ。
なにものだ?って思っていたけど、素晴らしい演奏でした。
客席は私のように「チャランゴってなに?」っていう人がほとんどだったけど、
みなさんどんどん演奏に引き込まれていくコンサートでした。

あの感動をあなたも是非。

うちにもチケットあります。

スクーリングと北海道マラソン
先日の1年生に続き、昨日・今日と2年生のスクーリングがありました。
ちょっと面倒な課題を用意しましたが、
学生たちは頑張って2日間を乗り切ってくれました。

今日は朝家を出てすぐ、道路にずーっと赤いコーンが立っていて
「なんだろ?」と思ってしまったのですが、
おそろいのTシャツを着ている集団を見て
「あ、北海道マラソンだ!」と気づきました。
時間がある時には沿道に応援にも行ったりしていましたが、
今年は自分の仕事で頭がいっぱいになっていたのです。
歩道のあちこちに給水所と思われる机や紙コップの段ボール、
警察や警備員の方たちも打ち合わせをしていました。
すれ違う「救護車」と掲示された大型バスには「68号車」の文字も。
(いったい何台のバスが集められたのでしょう?)
マラソンってこんなに多くの手がかかっているのだと改めて思いました。
マラソンコースが私の通勤道路とほぼかぶっていたので、
昨日の夜なかったモノたちが朝8時にはそろっていて、
帰りにはモノは片づけられていて、まとめたゴミが数十メートルおきにきちんと置かれていて、
これは交通量が減ったころにトラックか何かで回収するのでしょうね。

雨や雷の中走ったであろう人たちも立派ですが、
運営に携わった方たちには本当に「ご苦労さまでした」と申し上げたいです。

そして、この2日間の自分にもごくろうさま。

明日から、専門学校も始まりますが、
今度は教室の発表会に向けて全力で走ります。
本末転倒?
月曜日からレッスン再開しました。
今年の夏休みは暑かったので、ピアノの練習も大変でしたでしょうね。
休み前に配った練習100マスプリント。
期待半分、まあ仕方ないや暑かったんだもの半分。

今のところ、100マス全部埋めてきたのはひとりです。
残りの子はどんなかな~?
2103夏宿題

右下のかえるシールの子は、
「ここまででシールがなくなっちゃったから、練習もやめた」って、ホント~??
宿題の曲はばっちりだったから、まぁいいけど。(いいのか?)
夏休みの宿題
まだまだ暑いですが、もうすぐ夏休みもおしまい。
宿題は終わりましたか?

私は、大正琴用のカラオケ作成が進まなくて、さっきやっと作り終えました。
今回は1度もアレンジの神様が降りてきてくれなくて、
辛かった~!

9月8日に小学校で演奏する「ボレロ?」の時は、
夜に突然降りてきて3時間で書けたのに。

意外と、忙しくしている時の方がいいのかも。

コードを教えてくれた先生は「アレンジは知識だ」とおっしゃっていましたが、
センスも大事だと感じます。
知識が足りないからそう思うのかな。

これからCDに焼いて、明日配ります。
なんまんだぶ
実家の方のお墓参りに行ってきました。
ちょっと早いかなと思いつつ行きましたが、やはり土日しか休めない方が多いのか、
けっこう賑わって(表現おかしい?)いました。
暑いせいなのか、セミの鳴き声が例年以上。
すごかったです。
来年の演奏会はこのくらい歌い手もお客様も来てくれたら、ねぇ。


実家の畑の雑草取りをしていたら、
アゲハ蝶を発見。
アゲハ蝶

標本のように蜘蛛の巣に張り付いていました。
家主の蜘蛛さんがお留守だったので助けてあげられないかとちょっと考えましたが、
これも自然の摂理と合掌。

1冊買うつもりが
楽譜

時間がある時にってセンターまで行ったから、いいんですけど。

ホントはまだまだ気になる楽譜もありましたが、
ホントのホントは
「ここからここまで全部ください!」って大人買いしたかったほどなのですが。

次々と工夫された楽譜が出版されて、
使いたい!っていうのもいっぱいあって、
世の先生方はすごいな~と感動するのであります。

そして、こんなに市販楽譜があるのに、
大正琴の生徒さん達が選ぶ曲は売ってなくて、
私は来週までに4曲の楽譜&音源を作るのです・・・・
今年のスクーリングひとつめ終わり
短大1年生の今年のスクーリング(集中講義)は暑い中での2日間でした。

みんな頑張りました。
作品1

作品2

作品もなかなかの力作ですが、
ピアノもみんな一生懸命でした。
休み時間でも自主練、1日目の最後は残って「先生、ここまで練習したのでみてください」って。
サービス残業でしたが、この熱意がうれしかったです。

集中力が切れたらしようと思って友人に借りた「音楽かるた」も使わずじまい。

2年生の前での発表は緊張してダメダメだったけど、
いい経験ができたよね。

明日からの夏休み、少しゆっくりしたらまた頑張ろう。

作品は今年もまたうちの教室のチビッコ審査員に投票してもらいます。