ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
ありがたいね
息子が正指揮者を務める管弦楽サークルの定期演奏会に行ってきました。

工大定演

たくさんの仲間と音楽を作る・・・・なんて楽しい。なんて幸せ。


11月は小学校の祝賀会に「なちゅらるマム」での訪問演奏あり、
教室の発表会あり、
お友達の発表会でちょこっとお手伝いさせてもらい、
そしてこの定演。

とても充実した音楽生活を送ることができました。


感謝。

アンコール、Youtubeにアップしました。
レズギンカ

スポンサーサイト
写真ができましたよ
スナップ写真2014

写真屋さんが昨日届けてくださいました。
急ぎませんよ〜って言ってあったのに、仕事が早い❗️

本番はちゃんと見れなかったので
改めて保護者の皆様に感謝です。

たった1曲のために手間とお金と時間をかけて用意してくださった
コスプレ衣装の数々。

曲作りで生徒ちゃん達にもよく話しますが、
細かい所をひとつひとつ丁寧に作っていかないと
全体が雑な演奏に聴こえちゃってもったいないんだよって。

1曲1曲衣装にも手をかけているからこそ
アンサンブルステージ全体がより盛り上がるのですよね。

ありがたいです。


ソロと集合写真は来週のレッスンでお配りします。
スナップは希望者に販売しますので
保護者さんは生徒さんと一緒に見に来てくださいね。

終わっちゃった
開演から終演まで4時間。
あっという間に終わってしまいました。

楽しい、楽しい時間でした。

演奏も演技もアナウンスも裏方も、どれも精一杯頑張る生徒達がいて、
全力でサポートしてくれるスタッフがいて。

改めて幸せを感じる時間でした。

リハーサルからずっとバタバタしていて
失礼してしまった方には心からお詫びします。


今日はビデオを見ながらひとり反省会です。

大きな花束


その前に、お勉強会に行かなきゃ。
いよいよだ〜
ソロリハも今日終えて、
いよいよ明日となりました。

発表会の荷物

前回より荷物が少ないような。
何か忘れているのでは…と気になり、寝られません😁


何回発表会をやっても、慣れません。
保育発表会の準備
保育発表会1

専門学校の3年生、
集大成となる保育発表会の準備が始まりました。

合奏の部分を私もお手伝いしています。

今日はリーダーの二人がピアノとギターで演奏、
これを各自録音して、
自分が受け持つ楽器のアレンジをしていきます。
最初で最後の本格的アレンジ。
グループに分かれて一生懸命考えていました。

歌も是非入れてほしいところですが…
聴いたら泣いちゃうかも。

学校の楽器では足りなくて、
少しずつうちの教室から運んでいます。
入会をお考えの方へ
先月電話でお問い合わせがありました。
発表会後にまた…とのことでしたが、


現在、金曜日16:00のみの空きとなっております。
早い者勝ち?
遅い者負け?

ご近所に数カ所 お教室はありますから
うちに入会しなくても負けではないですが(笑)

念のためこちらに記しておきますね。


いよいよ明後日…発表会。
睡眠不足が辛くなっております。
リハーサルでした
今日はアンサンブルステージのリハーサルをしました。
部活や学習発表会から駆けつけてくれた子。
これから塾~ と急いで帰った子。
みんなが少しずつ無理をしてくれてできたリハーサルです。

配られたプログラムを見て、流れを見て、
本番を想像できたのではないでしょうか。
ピアノがない会場なので演奏は全部はしなかったけれど、
お友達の様子を見て帰って練習した子もいるんじゃないかな。

合唱練習

合唱は、ベル隊だけの時とはかなり変わりました。
1パートはきれい。2パートは元気。
想定とはちょっと違うな~ でもこれも面白いな~ と思って
メンバーの入れ替えはなしでいきます。
暗譜できるとかっこいいので、あと何人か、頑張って。

来週の今頃は終わってるんだなぁ。
あと1週間、全力で練習して笑顔で終演を迎えられますように。

先生は踊りを頑張りすぎて腰が痛いです。
なぜか肩も痛いです。
明日も痛かったら整骨院かな。

機材運びをしてくださったMちゃんママ、
キノピオ帽子を間に合わせてくださったピーチママ、
ありがとうございました。

そして中学生たち。
お勉強大会の成果はいかに??

おじさんかおばさんか
クープラン

今月の作曲家イラストは、クープラン。
心なしか、参考にした肖像画より髪の毛が多いような…

私が見た時も女性っぽいな〜とは思っていたのですが。


ガチャガチャを回そうとした5歳のすずちん。
「この人はおじさん?おばさん?」


お絵描きをした者に言うと、

唇が厚くて目が丸いと女性顔に見えるんだよね〜

なんだそう。


よーく見ると、ヒゲがあるんだよ。だからこの人はおじさんです。
今年は10人
皆勤賞

皆勤の賞状を印刷しましたよ。
今年は10人でした。

内容がちょっと地味でしたが、
作曲家と作品を結びつけるの回では、
保護者の方から
「知らない曲があって、子どもと一緒にもっと多くのクラッシック音楽を聴いていこうと思いました。」
という 嬉しい感想もいただきました。

ご家族みんなで音楽に興味を持たれると
ピアノに向かう気持ちもまた違ってくると思います。

そうそう、
札幌の小学6年生が全員招待されるキタラのコンサートで、
「なんか聴いたことあるな〜って思ってプログラムを見たら、おととし発表会でアンサンブルした曲だったさ〜!」
との報告も最近受けました。

繋がってるねー。
楽しいねー。
今日もベル練がんばった
ベル練習2回目。
マツケンチームはテンポアップと変身の練習。
みんなが揃うとかっこいいので、しゃがんで立っての繰り返し。
大人にはムリだわ。
「かゆい~」と大騒ぎしながらもニコニコと楽しそうに練習してくれました。

なんのこっちゃ? でしょ。
本番のお楽しみです。

もっと速く振れないとダンサーズがつらいので、来週はさらにテンポを上げますよ。

春風チームはまず32分音符を抜き出しての練習。
タララーときれいに流れるにはチームワークが重要で、何度もタララー タララー
がんばりました。
こちらは美しさを追求するので、演技はなく音のみの表現。
お客様を泣かせるのが目標です。
トレモロのフレーズをスラーでできた時は、実はすでにちょっとうるっときました。


先生は口三味線で「こうやって~!」と簡単に言うけれど、
振るのは学校も学年も経験値もバラバラな子ども達。
それが練習の回数を重ねる毎にミス音が減り、曲が流れができてきます。
この場に立ち会えるのが毎年ながら本当に幸せ。

そして、ベルの盛り上がりとともに、ピアノソロ曲の練習にもそれぞれ熱が入っていくのです。
(ホントはもうちょっと早くから熱入れてほしいんだけど)

来週はリハーサル。
再来週は本番。