ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
テキストを作る
4月から講師を務める音楽理論の授業用に、
ただいまテキストを作成中です。

保育科の授業で、時間も限られているので、
保育現場で必要と思われる内容を選びます。

ピアノ初心者も多いので、ドレミの読み方から始めて、
できれば移調やコード伴奏のつけ方までやりたい。

参考書は・・・こんな感じ
楽典

楽典と名の付くものだけでなく、
独学用の簡単な曲集におまけでついている「基礎知識」など、
少しでもわかりやすいテキストにすべく頑張っていますが・・・

整理整頓が苦手な私ゆえ、考えがまとまるどころかどんどん散らかっていっているような。
スポンサーサイト
何とか形になりました
保育科3年間の集大成、保育発表会がありました。

このクラス、なかなか前向きにならず、何度諭したか…

まずはペープサート

保育発表会1


次にピアノ中心のアンサンブル

保育発表会2


最後にチャイルドサーキット

保育発表会3

彼らなりに頑張りました。

現場は甘くないからね~4月から子ども達のためにしっかり働いてください。

最後にもらったメッセージカードも紹介

メッセージカード1

メッセージカード2
盲点…ノーチェックだった😅
洗濯機

数ヶ月前から「工事現場か!」と突っ込みたくなるような音を立てて
働いていた洗濯機を
やっと買い換えました。

今までと同じメーカーの同レベルのもの。

業者さんが試運転を始めた時、

ウワーどうしよう‼︎と思ったのは職業病?

スタートの音が
モーツァルトの1番メジャーなソナタ545番の
(ド〜〜ミ〜ソ〜シ〜〜〜ドレド の あれ)


変ロ長調バージョン😱

これから洗濯機を回す度に聞くことになるのだろうか?

……取説読みます。

先生〜‼︎
Rちゃんが「弾けるようになりたい」と持ってきた、
ママがこどもの頃使っていたブルグミュラーの本。

熱心な先生だったとみえて、たくさんの書き込みがあるのですが、
ありきたりではない、素晴らしい内容に思えました。

ママに先生のお名前を伺ったところ、
「この先生です」と新聞記事のコピーをくださいました。

それが、なんと、手島先生‼︎

手島先生

学生時代、和声学でお世話になった先生です。

30年以上の時を超え、
こんな形で教えていただけるなんて〜

ママの使った楽譜、全部お借りしたいわ😍