ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
まるで空き巣
一人暮らしをしていた義叔母が施設に入所することになったので、
お引越しの手伝いをしています。

私に与えられた使命は・・・・

涙をのんで捨てなければならない多くの所持品から
まだ使えそうなものを選び出してリサイクルショップor質屋さんに持っていき、
お金に換えて義叔母に渡すこと。

義叔母は今、入院しているので、
私が鍵を預かり、空いた時間に部屋へ侵入→物色。

さっき、ひとりで作業をしていて、

これじゃ空き巣だわ! とおかしさが込み上げてきて、
声なき声でワハハハと笑いました。

独身で職業婦人を通した義叔母は、
オーダーメイドで何着も洋服を作っていて、
着物もたくさんあって、
退職時や表彰時にいただいたお手紙や寄せ書きの色紙なども。

他人には厄介なゴミでも、ひとつひとつが大切な歴史だわ・・・


義叔母の部屋が終わったら、自分のも一度整理しよう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック