ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
ミスにミスが重なり
一日で終わるはずの手続きに20日間もかかりました。

15年前にH銀行から借りた住宅ローン。
途中で繰り上げ返済すると手数料がかかって損ですからね、と説明がありました。
宝くじにでも当たらない限り、そんな余裕はないので、毎月コツコツと返してきました。

先月、「金利が上がります。固定か変動かを選んで手続きしてください」と連絡があり、
私が銀行へ出向いたところ、借主(夫)でなければ手続きできません、と。

夫は単身赴任で地方に住んでいるので、そちらの支店に私が必要なものを持って、
2人で行き、手続きしました。

1週間後、「書類にミスがあったので書き直してください。」
そうそう有休もとりたくないので、銀行のミスですからと書類を送ってもらい、送り返すと、
今度は夫にミスがあったらしく、再度のやり取り。
最後に私がこちらの支店に出向いて、ようやく終了。

お金を借りるって大変。
そして、知らないって損。
高速代、郵送代、庶民にはけっして安くないお金をかけて勉強させてもらいました。

けど・・・・。

地方支店のミスをこちらの支店の方が謝る時に、「仕事のできない職員なんです」と言い訳するのってどうなのよ。
(一番言いたいのはこれでした)

預金も借金も銀行さんから見たら微々たるものですけど、
一応私、客なんだわ。

面倒なことがひとつ片付いて、笑顔で帰ってはきましたが、
も~、年取るといろいろ気になっちゃって、困るわ~。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック