ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
今朝の恐怖🤧
朝、出勤のためにいつものようにバスに乗りました。
割と空いていて、後ろから3番目の二人がけの席に座れました。
2つ目の停留所から乗ってきた女性が私の隣に座りました。
発車してまもなく、私は突然くしゃみが出始めました。
お隣の女性からほんのり何かの香りがしていたので、
それのせいかな〜でも強い匂いじゃないしな〜と、
垂れてきた鼻水をティッシュで押さえていました。
さらに、息が苦しくなり始め、喘息の発作が…!
女性は横に大きな方で、杖も日傘もお持ちな方で、
(おまけにつばの広い帽子にサングラスもしてた!)
私が席を立つために走っているバスの中で少しの間でも立って除けてもらうのは申し訳ない感じで、
ここから出して〜と言えず、
「あーこのまま私が喘息発作で倒れたらこの人は過失致死罪だろうか?無罪だろうか?」
「前の席も空いていたのに私の隣に座ったというのは、私を狙ってのことか?」
などとくだらない妄想で気を紛らわしているうちに
バスは終点に着いたのでした。

チャンチャン。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック