ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
合格?不合格?
がんばって練習してきたのに、
どうしてもスラーがうまくいかないYくん小1.

微妙な仕上がりの時は、私は生徒ちゃん自身に合格か否かを聞きます。

「今の演奏は、90点。いい点数だよね。あとはYくんの気持ち次第だよ。
 ‶僕はよくやった。合格!”でもいいし、‶100点になるまでまた頑張る”でもいい。
どうする?」

ちょっと考えて、時計を見て、
「もう1回弾いてから決める」と答えました。

なかなか賢い。

満足して次に進んでほしいですからね。
これは今やらないと!というところは譲りませんが、
小さなお子さんであっても、本人の心を大切にしたいといつも思っています。

どうする?って聞くと、
適当に「早く進みたいから○」という安易に答える子は今のところひとりもいなくて、
一生懸命自分の心と相談してくれます。


結局、Yくんはこれからもスラーを努力すると決めて合格のはなまるを選びました。
私のつけた点数は93点でした。
(本当は演奏に点数なんてつけたくないんですけどね、便宜上。)


その後の話で、「46点なら来週までまた弾いて来るけどさ~」って。
「え~っ?Yくん、学校で46点取ったことあるの?」


「ないよ」
なぜに46点? どこから出てきた46点???

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック