ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
私、そんな風に見えますか?
うちのメインバンク(笑)でもある近所の郵便局に現金封筒を出しに行った。

若い職員さんが
「もしかして入学祝ですか?」と聞くので
「そうですよ」と答えたら、

「お孫さんですか?」って。

まご~???

確かに孫がいてもおかしくない歳ではあるが、入学といったら最低6歳にはなっているでしょ。
それに、孫なら郵送なんかしないで会いに行くし。
(宛先、隣りの市になってるでしょ)

慌てて顔見知りの主任さんがフォローしにきたけど、
その若い職員さんの言い訳を聞いてたらだんだん腹立たしくなってきて
局長に「こいつを何とかしろ~」と訴えて帰ってきました。


生徒ちゃん達ばかりではなく、この1年は専門学校の学生たちさえ子どもではなく孫のように思えるので、
おばあちゃんが体からにじみ出ているのかもしれません。


ひとつおばあちゃんらしく。

ゆとり世代と言われていやな思いをしてきたのでしょうか、
その職員さん、言い訳の最後には
「ぼくらの世代はみんなこうなんですよ」と言ったので、

「ひとまとめにするんじゃない!君がおかしいんだよ!」と教えてあげました。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック