ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
自力は3分の1
今日もまた、お教室のお問い合わせをいただきました。
条件が
「姉妹ふたりが続き時間になるように」
「明るいうちに歩いて帰られる時間帯で」
でしたので、
残念ながらご希望には添えなかったのですが、

ふと、

うちには自力で往復しているお子さんが何人いるのだろう?と・・・
数えてみました。

なんと。
3分の2の生徒ちゃんはおうちの方に送迎してもらっているではありませんか。

どおりで校歌大会ができるはずだ。

近いからそこの教室でいいか、ではなく、
選んで通ってきてもらっている。

このことをもっと肝に銘じるべきだ、と思いました。

信念を持って「おもしろい!」と言われる教室作りをしているつもりではありますが、
ただおもしろいだけじゃない、音楽ときちんと向き合っていることも
しっかり伝え続ける私でありたい。

こんなかっすかすの声でも。
(1日喋らなかっただけでは治らなかった~今日の生徒ちゃん達、ごめんよ。)


そうそう、校歌大会といえば、
世にも珍しい!とテレビ朝日の「題名のない音楽会」で紹介されていた校歌が
あったのですよ。
次回、ご紹介します。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック