ゆりりん先生のつれづれDiary
音楽講師、時々主婦、たま~に母の楽しい生活ぶりを気の向くまま書き連ねています
脳のためにピアノを習う⁉︎
数年前から、(多分)テレビ番組で脳科学者が発言した
「習い事はピアノだけでいい」がきっかけで、
ピアノを習うとどんな良いことがあるかを語るピアノ講師が増えたと思います。

確かに良いこと盛りだくさん。

でも、ここで私の中の天邪鬼ちゃんがささやきます。

音楽が好きで、表現のひとつとしてピアノを習いたい。
ピアノを弾けることで自分を表現したい。
そのために努力していたら、おまけで頭が良くなった。

…………ではいけませんか?

頑張っている「おまけ」とか、「ご褒美」くらいで良いんじゃないかと。

この頃SNSで繋がっている先生が増えたので、
多くのピアノ講師のブログをハシゴしていて色々考えちゃうんですよ。


けれど同時にひとつ思い出したことが。

今はもう立派な大学院生の元生徒Rくんがピアノを始めたきっかけが

体が弱く入退院も繰り返し、運動機能の発達が遅れているのではと心配したママが、
ピアノなら座ったまま両手両足バラバラに動かせるから〜って。


やっぱり、習う理由は「音楽が好きだから」じゃなくても良いのかな。
Rくん、ピアノが大好きになって巣立って行ったから。
(体も小学校高学年からメキメキ丈夫になりました😊)




大人だって譜読みは辛い
ショパンって、美しいけど譜読みが大変ですよね。

私に弾けるでしょうか〜? と
心配していた大人の生徒さん。

技術的には全く問題ないのです。とっつきにくいだけですよ〜。
ほら、こことここは同じだし… なんて説明をさせていただいたら、
次のレッスンで

201707ノクターン

見事な色分け。

わかりやすいし、励みになると思うんです。
ここを頑張ればこっちも弾ける、とか。

大人の趣味のピアノは、楽譜に何を書き込んでもいいと私は思っています。

弾けるが勝ち😊 です。

…………そしてこの色分けの場合、知らず知らずアナリーゼしちゃってますね。






音符と鍵盤が繋がるということ
回るソルフェージュのひとつ、早並べ

201707回るソルフェージュ

1分間で30枚正しく置けたら

201707早並べ1級

全部クリアで「名人」と呼んでいます。

名人は何秒で置ききれるか挑戦してもいいことにしているのですが、

ソナタアルバムを学習中のRちゃん(中1)が、先日 なんと
30秒!の記録を出しました。

Rちゃんがカードを目にも留まらぬ速さで置いていくのを横で見ていて思い出したのが、
ピアノ講師ラボのCDで聞いた、ある先生のお話。

大切なのは音符の音名がわかることではなく、この音符がどの鍵盤なのかということ

例えばこのカードの音符が201707早並べカード1枚

「ソ」であることは大して重要ではなくて、

201707鍵盤

この場所であるのをわかることがピアノを弾くのに必要なことなんです。

楽器の上達は実にゆっくりで、進んでいないんじゃないかと思う時もありますが、
こうやって目に見えると生徒も指導している私もすごく嬉しくて、
更に頑張る力が湧いてきます。




7月です!
早いですね〜
もう 半年が過ぎちゃいましたよ。

今月の音楽家は

201707ガチャ

はい、グラナドスさんです。
スペインの作曲家でありピアニスト。
チビッコには馴染みがないですが、
アルベニスさんとともに有名なスペインの音楽家です。

そして、お待たせしました。
ガチャガチャに
久しぶりの「当たり」 入ってます。

ジャーン!

201707今回の当たり

みんなの大好きなパインアメのシャーベット❤️

お家で凍らせてね。




時間が足りない😩
最近、ピアノ教師のためのiPad研究会というグループに
参加させていただきました。

時代についていけてない。
でも、時代遅れのレッスンにしたくない。

そんな思いでもがいております。

で、もう、さっそく。

201706DTM用だった!

携帯をスマホに変えた1年前から
このギターのアイコンは何だろう?と気にしつつ調べてもいませんでしたが、
DTMができてしまうアプリと知りました。

きっと、いろんな分野の優れアイテムがインストールされているんですね。
だからこんなにお高いんですね。

生きてるうちに持っているものを使えるようになりたいけど、
間に合わない気がしてきてます。